診療のご予約 TEL.042-664-8241(平日 9:00 ~13:00 / 15:00 ~ 20:00 土日 10:00 ~ 13:30 / 15:00 ~ 17:00)

きぬた歯科 / インプラントトセンター八王子

インプラント治療の流れ

Flow

  • 問診及び口腔内検査

    まずは、患者さんとのコミュニケーションから始めていきましょう。 どうしてインプラント治療を受ける理由や回復するイメージなどを共有、又治療関するご要望をお聞きした上で、担当医から治療の概略とメリット・デメリットについて詳しく説明していきます。

    次に、これまでどのような歯科治療を受診してきたのか、現在の口腔内の状態などについて伺い、歯の健康状態とインプラント治療を行う上で障害となり得るポイントを事前に把握させていただきます。さらに口腔内だけでなく、全身の健康状態の確認(既病歴や現在患っている病気の有無、服用している薬なども確認)させていただきます。

    インプラント治療では麻酔を使用しますので、心臓疾患のある方やアレルギー体質の方は麻酔管理をより慎重に行う必要があります。

  • レントゲン検査・CT検査

    リスクを回避するとともに、より的確な治 療を行うためにはレントゲン、症状によってはCT撮影で顎骨の形状や骨量、骨の質、血管や神経の位置を正確に把握しておく必要があります。 レントゲンはパノラマX線という機械を用いて、口腔内全体の骨の形や量を写真撮影します。

    CT口腔内の状態を3次元画像で 正確に把握することができるので、よりきめ細かい検査が可能になります。

  • 治療計画・治療費の説明

    問診、口腔内診察、レントゲンおよびCTによる検査をふまえ、インプラントの埋入本数や治療期間など、患者さんに最適な治療計画を具体的に提案し、あわせて明確な見積書を提示します。

  • 口腔内消毒後、麻酔をかける

    治療はNASA基準「クラス1000」のクリーンルームで行います。一般の外科手術と同様に器具や施術者も十分に消毒をし、感染源を排除します。患者さんが入室されたら、まず口腔内を消毒し、麻酔を行います。 当医院では表面麻酔や電動麻酔を使用することにより、痛みをまったく感じることなく麻酔を行うことが可能です。必要に応じて麻酔医が立ち合い、絶えずモニターで血圧や血液中の酸素濃度、脈拍など監視します。

  • 骨に孔を形成し、インプラントを埋入

    麻酔の効果が現れてきたら、歯肉の粘膜を切開し、骨膜を分離し歯槽骨を露出させます。ドリルを使って骨に孔を開け、インプラント(フィクスチャー)を埋め込みます。治療にかかる時間は1本あたり3分程度です。インプラントの埋入に十分な骨量がない場合は骨造成など、骨量を増やす処置を別に行います。

    埋入位置は、残存する歯槽骨の形状によって決まります。骨の奥に通っている血管にふれないよう、細心の注意を払って施術を行います。ここで、事前に撮影したデジタルX線やCTスキャンの画像が威力を発揮します。

    骨細胞は熱に弱い性質があるため、摩擦熱が生じないようドリルをしようしている間、生理食塩水を注入し続けます。孔が開いたら注水を止め、孔にインプラントを回しながら埋め込みます。インプラントをしっかり埋め込んだ後、カバースクリューという部品を装着しインプラントの東部をふさぎます。最後に歯肉を縫い合わせて第1次治療は終了します。この間、まったく痛みはありませんので、ご安心ください。

    なお、症例によっては、この段階で固定式の仮歯まで作成することもでき、その方法として「即時荷重インプラント」「ミニインプラント」があります。

  • 第1次治療後の治癒期間

    治療後、まれにない出血により歯肉や頬が腫れることがあります。また人によっては、頬や顎にうっかすらと赤紫色の斑点ができることがありますが、いずれも正常な反応であり、心配する必要がありません。1週間ほどで元の状態に戻ります。
    ほとんどの場合、麻酔がきれたあとも痛みをともなうことはありません。痛みには、個人差があり、多少痛みを感じる方もいますが、当医院にはそれを最小限に抑える技術があります。痛み止めを1~2日分飲むことにより、すぐに治ります。

    第2次治療までの治癒期間は、上顎、下顎ともに、2ヶ月ほどです。この期間に治癒が進み、インプラントと顎骨が結合されていきます。

  • 入れ歯の使用は治療後3~7日後から

    入れ歯の使用は治療から3~7日間はご使用をお控え下さい。インプラントを埋め込んだ箇所に強い刺激を与えると、骨との結合がうまくいかなくなることがまれにあります。食べ物についても、おかゆやめん類など、柔らかいものを摂るよう心掛けてください。

    当医院では、症例により専用の栄養ドリンク剤を処方しています。 治療本数が比較的に少ない場合、天然歯だけ使って物が噛める状態ならば、普通の食事をしていただいてもよいでしょう。なお感染を防ぐために、食後はうがい薬でゆすいでいただき、口腔内を清潔に保つようにします。

    治療7日後に抜歯を行います。治療した部分はまだ完全に安定した状態になってないので、仮歯を使い始める前に、数回通院して調整する場合があります。

  • 上部構造の作製と装着

    1. 金属フレームの試適
      まず型取りをし、アバットメントの装着された口腔内の模型を作製し、上下顎の噛み合わせの位置取りを行い義歯をつくります。
    2. 仮装着・かみ合わせの調整
      実際に使用していただき、噛み合わせを調整していきます。1、2週間ほど具合をみていき、噛み合わせの悪い場合は、義歯を削って再度調整します。
  • 完 成

    すべての土台に緩みがなく、問題箇所がないと判断できましたら、しっかりとネジを締めます。これで補綴は終了です。

  • 定期健診とメンテナンスの基本は毎日のハミガキ

    治療完了後、1ヶ月後に定期健診があります。最初の1年はまだ骨が固まっていく過程ですので、その後も6ヶ月ごとの定期健診でインプラントの清掃状態や歯茎の状態、噛み合わせの様子などのチェックを受けることが大切です。
    メンテナンスは、インプラントは天然歯よりも歯槽膿漏にかかることは少ないのですが、最悪の場合にはインプラントが抜けてしまうことがないとも言えませんので自分の歯のときと同じように、毎食後にきちんと歯磨きをしてプラークコントロールする必要があります。

先頭に戻る

Copyright © KINUTA DENTAL CLINIC. All rights reserved.